Codiusとは?XRP(リップル)でスマートコントラクトを開発可能に




リップルでスマートコントラクトを実現するCodiusについてご紹介します。

Ripple Labsが開発中(β版)のスマートプログラムCodiius(コーディアス)は、決してXRPだけのためのものではありません。

スマートプログラムとは、スマートコントラクト機能を持つシステムやアプリの開発を容易にするための開発ツールです。今話題のCodiusについて、もう少し詳しくみていきましょう。

 



フリーランスライター。元大手SIerのSE(7年)、金融を含む様々な業界/企業にソリューションを提案・設計してきた。その後、ハードウェア開発(人工衛星)3年。仮想通貨参入は2018年1月で、IT知識を生かしたライトな解説が得意。企業のICOにも携わる。30代後半、海外旅行、サッカー、F1、1歳児育児中。

プロフィール仕事実績・依頼

リップルの「Codius」はスマートコントラクト開発のための道具

こんにちは、仮想通貨翻訳ライターのフェニックスA子(@lipton_milk999)です。

今回はリップラー界隈で特に話題になったCodiusについて、XRPに限らない範囲から広く見ていきます。

XRPとCodiusの関係については、こちらの記事に詳しく記載しています。

 

スマートコントラクト(自動履行契約)とは、あらゆる契約のコストと時間を抑えるための便利な機能です。イーサリアムをはじめとしたブロックチェーン技術の、大きな成果として期待されています。

リップル社のRipple Labsが開発する「Codius」は、スマートコントラクトを簡単に開発できるようにするためのプロトコル(決まりごと)です。リップル社の提唱する仮想通貨XRPに、スマートコントラクト機能を実装するために開発されていると話題になりました。

2015年に市場の未成熟を理由に計画は一旦中断していましたが、最近また開発が再開され、再び話題になっています。

CodiusはXRPのための専用機能ではありません。Codiusの公式サイトからもわかる通り、Codiusはあくまで「スマートプログラムであり、オープンホスティングプロトコルである」と説明されています。

自動で動くプログラムで、誰でも開発できる道具、といった感じですね。

 

POINT
スマートコントラクトを実装するCodiusは、XRP専用のものではなく誰でも使えるプロトコルである。ビットコインなど他の仮想通貨にも対応できる。

 

スマートプログラムとは何か

 

スマートプログラムとは、「簡単に開発や実行、管理ができる優れたプログラム」のことを意味しています。スマートと名のつくものには大抵、自動で実行してくれる機能がついています。

ここ10年ほど、自動でいろいろやってくれる家電など、何にでも「スマート」とつけるのが流行っています。スマートプログラムという言葉も、自動でいろいろやれて便利なプログラムということです。

Codiusの言うスマートプログラムは、特にスマートコントラクト、つまり契約の条件を判断し、契約が自動で流れるようにできるプログラムのことを指します。

スマートプログラムCodiusは、一度開発した(契約に関する)プログラムをアップロードして実行すると、誰にでも簡単に、間違いなく、安全に契約が進むようにします。利用者の私たちから見たら、それこそが一般的に言う「スマートコントラクト」ですね。

Codiusはそれを開発する人たちが、便利に使えるものです。

 

POINT
スマートコントラクトは「契約がいろいろ自動でできて便利な機能」で、それを実行するのが「スマートプログラムCodius」である。

 

Codiusの仕組み

(出典:https://codius.org/docs/overview/architecture)

 

Codiusは契約に関わる人(サービスの提供主やクライアント)と、お金を管理する台帳(リップルならインターレジャーやXRP台帳、その他のブロックチェーン)をつなぐプログラムです。

上の図の右側には、クライアントとしてRipple TradeやMultibit、スマートプログラムとしてCodius、そしてお金を管理する台帳やシステムとしてリップルビットコインイーサリアムが書かれています。(あくまで一例です。)

これまでのシステムでは、システムを使う人や作る人は全てサーバやデータベースに接続し、そこにあるデータを読んだり書き込んだりしていました。

図の左の例では、ユーザが使う一番上の層にHTML(ホームページなどを記載する言語)、間にPHPなど(ブラウザとサーバ間で動くプログラム)、そして一番下にはデータベースが書かれています。

今の世の中にあるシステムはほぼ全てがこれで、保守性や機密性、コスト、時間など色々な問題がありました。(当たり前のことすぎて、問題とも捉えられていなかったかもしれません。)

Codiusとブロックチェーン技術は、サーバやデータベースという概念をなくし、利用者とお金の台帳を直接つなぐことで、契約に関わる人やモノについての非常にシンプルな位置関係を作り出しています。

(技術的なことをもっと知りたい人は、このあたり(Codius公式サイト)をご覧ください。)

 

POINT
Codiusはクライアントとお金の台帳をつなぎ、契約の仕組みを非常に簡易化する。

 

Codiusの特徴

 

Codiusの特徴について、簡単に見ていきます。

 

P2Pホスティング

Codiusを使うと、上の図でも触れたように、サーバやデータベースがなくてもユーザとお金の台帳とをつなぐことができます。つまり、サーバを挟まなくてもユーザとユーザが直接やりとり(契約)ができるようになる、ということです。これをPeer-to-Peer(P2P)と呼びます。

メリットとしては、間にサーバが入らないので、システムダウンすることや情報を第三者に盗まれる可能性が減ることです。特に、個人情報が盗まれないという点では、ブロックチェーン技術には非常に強みがあります。

 

分散型アプリケーション(dApp)

Codiusでは分散型アプリケーションの開発もかんたんになります。

進化し続けているブロックチェーン界隈では、仮想通貨そのもの、つまり「トークン」の部分は分散型に対応していても、それを使うためのアプリやウォレットなどが分散型じゃない、という中途半端な状態にあります。

これではせっかくのブロックチェーンのメリット(スピード、コスト、セキュリティなど)が生かしきれません。それを解決するため、アプリケーションもすべてブロックチェーンベースで作るのが分散型アプリケーション(dApp)です。

Codiusではそれを容易に開発できるようになります。

 

スマートコントラクト

言うまでもなく、Codiusではスマートコントラクトが使えるようになります。スマートコントラクトでは契約をする双方が存在すれば、間に第三者が入らなくても契約を実行することができます。

契約を実行するのは、条件に従って、全てを公平に判断するプログラムです。契約をしたい双方のどちらかが、契約の内容を不正に操作するようなことはできません。

スマートコントラクトでは、安全ですばやく、お金や個人情報が絡んだ契約を締結できるようになります。

 

マイクロペイメント、JavaScript対応

CodiusはJavaScriptなどの汎用的な言語での開発、組み込みマイクロペイメントシステムによる決済など、間口の広い環境を持っています。技術者がかんたん開発に携われるということは、この仕組み自体が社会に容易に広まる可能性があることを示しています。

 

POINT
Codiusの特徴はスマートコントラクト機能をかんたんに開発でき、技術者の参入の敷居も低くなる。

 

まとめ

Ripple Labsの開発するCodiusと、それが実現するスマートコントラクトについて、Codiusの仕組みや機能から見てきました。

  • スマートコントラクトを実装するCodiusは、XRP専用のものではなく誰でも使えるプロトコルである。ビットコインなど他の仮想通貨にも対応できる。
  • スマートコントラクトは「契約がいろいろ自動でできて便利な機能」で、それを実行するのが「スマートプログラムCodius」である。
  • Codiusはクライアントとお金の台帳をつなぎ、契約の仕組みを非常に簡易化する。
  • Codiusの特徴はスマートコントラクト機能をかんたんに開発でき、技術者の参入の敷居も低くなる。

 

リップル社が開発しているだけにXRPのものと思われがちなCodiusですが、実現するものとしては、大きな可能性を持っていると言えます。

XRPとCodiusの関係については、こちらの記事に詳しく記載しています。

 

参考URL:https://codius.org/

スポンサーリンク
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で安心できる取引所。

リップルを買える国内取引所

リップルを買うなら国内の取引所が安心です。