XRPの根本は「ブリッジ通貨」。異なる通貨を繋ぎお金の流れを良くする




XRPの大きな特徴である「ブリッジ通貨」とは、異なる通貨間の橋渡しをする役割のことです。ドルと円などの他国の通貨や、ビットコインなどの仮想通貨も含めた両替ができるようになります。

ブリッジ通貨を必要とするのは、主に銀行や送金業社などの金融機関です。しかし、その利用者である私たちにとっても、実は非常に関係のある機能なんです。

この記事ではXRPの役割とブリッジ通貨について説明していきます。



フリーランスライター。元大手SIerのSE(7年)、金融を含む様々な業界/企業にソリューションを提案・設計してきた。その後、ハードウェア開発(人工衛星)3年。仮想通貨参入は2018年1月で、IT知識を生かしたライトな解説が得意。企業のICOにも携わる。30代後半、海外旅行、サッカー、F1、1歳児育児中。

プロフィール仕事実績・依頼

XRPは異なる通貨間をつなぐ「ブリッジ通貨」

こんにちは、仮想通貨翻訳ライターのフェニックスA子(@lipton_milk999)です。

今日はリップル社の仮想通貨XRPの主な使い道となる、「ブリッジ通貨」について紹介していきます。

XRPと他の仮想通貨(ビットコインなど)がどう違うかを理解するために、ブリッジ通貨は最も重要なポイントです。

 

ブリッジ通貨で法定通貨と仮想通貨をつなぐ

リップル社の提唱する仮想通貨XRP(エックス・アール・ピー)は、ビットコインに代表される仮想通貨の一種です。

仮想通貨は「通貨」という名称から伝わる通り、商品やサービスを購入するための決済手段としての使い方が一般的でしょう。

XRPは、ビットコインなどのデイリーユースな決済手段とは異なり、銀行や送金業社の間でやりとりされる「ブリッジ通貨」を目的としています。ブリッジとは「橋渡し」のことで、ブリッジ通貨は銘柄の異なる2つ以上の通貨を変換する役割を持っています。

ブリッジ通貨があると、銀行や企業、個人などすべての人に「好きな通貨を使える」自由が生まれるのです。

POINT
「ブリッジ通貨」は2つ以上の異なる通貨間(ドルや円など各国の法定通貨や、仮想通貨)でお金(価値)を交換する橋渡しとなる。

 

なぜ「ブリッジ通貨」が必要?

XRPのようなブリッジ通貨などを使わなくても、好きな通貨同士で直接やりとりできないの?という疑問が生まれます。

 

ブリッジ通貨は銀行や送金業社に大きな需要がある

異なる通貨同士で価値をやりとりするには、通貨間を仲介してくれる存在が必要です。

私たちの生活に近い部分では、銀行両替所がこれにあたります。海外旅行するときなど、あらかじめ銀行などで円をドルに両替して持っていきますよね。

外国でも使えるクレジットカードで決済することもできますが、その裏ではクレジットカード会社が円をドルに交換してくれているのです。この場合、クレジットカード会社は銀行などを経由して両替していると言えます。

消費者が異なる通貨で支払いをしたり、他国にお金を送金するには、かならず通貨間を仲介となる存在(銀行や送金業社)が必要になります。

その銀行や送金業社にとって、ブリッジ通貨を使うと「送金速度」や「コスト(手数料)」の面でメリットが出てくるのです。

 

様々な通貨を保持するコストを減らせる

法定通貨には、ドル、円、ユーロ、中国元、シンガポールドルなどたくさんの種類があります。仮想通貨にはもっといろんな銘柄があり、これから先も増え続けるでしょう。

そんなとき、皆が持っている通貨がバラバラだと、銀行や両替所(取引所などもそうです)は大変になります。すべての通貨ペアを現物で持っていないと両替ができないからです。

銀行にとって、両替用にお金を抱えていることは、それだけでコストになります。通貨の種類が増えればなおさらです。

将来的には、銀行が仮想通貨を扱う動きも出てきています。その時に「どんな通貨とも両替できるブリッジ通貨」があれば、それを持っているだけで、必要な時に必要な通貨を調達できるようになります。

 

POINT
XRPの「ブリッジ通貨」としての用途は、銀行や送金業社にとって「送金速度」と「コスト」の面でメリットがある。

 

企業や個人の送金手数料が下がる

XRPが「ブリッジ通貨」であることは、銀行だけでなく、その顧客である企業や個人にも関わってきます。銀行側でコストがかさむと、利用者の「送金手数料」という形で乗ってくるからです。

誰よりもこの問題に直面しているのは、国境を超えてお金をやり取りするビジネスを営んでいる人です。

国際的に商品をやり取りしたい場合、原材料を他国から仕入れたい場合、円をドル等に替えて他国に送金しなければなりません。現状では、法定通貨を他国に送金するだけで、銀行に高い手数料を取られてしまいます。

ブリッジ通貨の登場によって、銀行側のコストがかからなくなれば、利用者ももっと安くで国際送金を利用できるようになるはずです。

 

POINT
XRPが銀行側のコストを下げることで、その顧客である企業や個人も手数料が下がる

 

マイクロペイメントで1円から手軽に支払い可能に

それだけでなく、最近では個人が直接、少額の支払いをする「マイクロペイメント(少額支払い)」の事業にも、XRPが乗り込んでくることになりました。

マイクロペイメントとは、個人が日常で使うレベルの少額支払いを、ブラウザなどから手軽に行えることです。

【Coil】リップルのXRPをマイクロペイメントに。新規事業にCTOが着任

2018.05.15

個人レベルに需要が広がる

マイクロペイメントにXRPが使われることになれば、XRPの需要は銀行だけでなく個人レベルまでぐっと降りてきます。たとえばスマホから動画を見たり、ニュースメディアなどの有料コンテンツを1記事から見ることも可能になるのです。

これまでは、そういった有料コンテンツサービスには高い月額利用料がかかったり、有料会員登録をしてチケットを買ったりと、何かと手間がかかっていました。その原因は、10円や1円といった少額での決済に手間やコストがかかっていたことによるものです。

マイクロペイメントで1円単位の支払いがボタン一つでできるようになれば、少額コンテンツの用途はもっと拡がるでしょう。

これからは銀行でなく、個人も密接にXRPに関わることとなりそうです。

 

POINT
XRPによるマイクロペイメントで、個人の支払い手段としても大きな需要が出てきている。

 

まとめ

リップル社のXRPの主要な目的である「ブリッジ通貨」について、おさらいしてきました。

  • 「ブリッジ通貨」は2つ以上の異なる通貨で「お金(価値)」をやりとりする橋渡しとして使われる。
  • XRPの「ブリッジ通貨」としての用途は、銀行や送金業社にとって「送金速度」と「コスト」の面でメリットがある。
  • XRPが銀行側のコストを下げることで、その顧客である企業や個人も手数料が下がる。
  • XRPによるマイクロペイメントで、個人の支払い手段としても大きな需要が出てきている。

 

XRPがブリッジ通貨であることは、銀行やその利用者に「好きな通貨を使える」という大きな自由を与えてくれます。

XRPの需要については、次の記事で解説しています。

XRP(リップル)の需要を解説。ブリッジ通貨、マイクロペイメントと可能性は拡がる

2018.05.17
スポンサーリンク
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で安心できる取引所。

リップルを買える国内取引所

リップルを買うなら国内の取引所が安心です。