リップル用語集(随時改定)




リップルに関係する用語の説明です。リップル関係でよく使われるIT用語も含まれてます。

 



フリーランスライター。元大手SIerのSE(7年)、金融を含む様々な業界/企業にソリューションを提案・設計してきた。その後、ハードウェア開発(人工衛星)3年。仮想通貨参入は2018年1月で、IT知識を生かしたライトな解説が得意。企業のICOにも携わる。30代後半、海外旅行、サッカー、F1、1歳児育児中。

プロフィール仕事実績・依頼

【あ】

インサイト

Ripple insight のこと。リップル社やプロダクトの最新ニュースなどいろいろな情報が掲載されている。

https://ripple.com/insights/

オープンソース

プログラムのコードや開発環境が一般の利用者に公開され、コミュニティなどの多くの人々で改善していけること。

【か】

グローバルペイメント

国際的な支払いプロセスのこと。

クロスボーダー取引

国境を超えて行う取引。お金を送る場合は国際送金とも言う。

国際送金

国境を超えた送金のこと。

【さ】

スマートコントラクト

契約の判断が自動的に行われ、条件によっては履行すること。スマートプログラムによってネットワークを介して行われる。

スマートプログラム

契約の条件などが書かれた契約プログラム。一度走らせると自動で条件を判断し、契約を成立できる。

送金時間

送金時にかかる時間。リップルの話題では、トランザクションがデータ通信のみを指す場合が多い一方で、送金時間は「ローカル銀行も含めた、送金側が送ってから受け取る側に着金するまでの時間(日数)」を指すことが多い。

【た】

トランザクション

データを相互に通信すること。金融取引の場合は「送金」とも言う。純粋にデータをやりとりするだけのことを指すこともあるし、送金手続きそのものを言うこともある。

デジタルアセット=デジタル資産

広義の意味での仮想通貨。デジタル化したお金。

【な】

 

【は】

バリデーター

取引が正しいかどうかの確認と承認を行う(=合意する)承認者。ネットワークに参加するそれぞれのノードのこと。

パイロットテスト

実証実験のこと。本物に近いパソコンやデータでテストを行う。

ブロックチェーン

鎖のように繋がる方式で書かれたデータ。ネットワーク上にバラバラに配置した状態でも意味を持つデータ群。またはその技術。

プロトコル

プログラムやデータの書き方を決めるためのルール。

分散型台帳

物理的に数カ所に分散されたノード(端末)にまたがって台帳を持つ。取引をする際は、取引の正しさをノードに参加する端末合同で確認することでセキュリティを保つ。

分散性

データやネットワークが分散して存在すること。

【ま】

マーケットレポート

四半期に一度公表される、企業の営業レポート。Q1マーケットレポートなどと呼ばれる。売り上げや営業利益、サービスや商品の開発状況などが書かれている。四半期の売上や利益の分析、今後の方針についても記載される重要なレポート。

マイクロペイメント

少額の支払いのこと。特にブラウザなどからAPI経由で行われる処理を言う。コンテンツの支払いなどに使われることが想定される。

三菱UFJグループ

2018年5月に、RippleのxRapidを使った国際送金の実証実験を行うことを公表。数年以内に実用化を目指す。

【や】

 

【ら】

リアルタイム送金

取引が即時に行われるタイプの送金。リアルタイムでない送金は数日をまたぐ。

流動性(りゅうどうせい)

貨幣などが取引で流れること。またはその量。取引が多く金額が大きいほど流動性は大きくなる。金融機関は、リップルの提供するXRPプールなどの貨幣プールや、銀行、取引所にアクセスして取引をすることで、顧客の資産の移動を行う。これを、金融機関が流動性にアクセスするという言い方をする。

【わ】

 

【B】

Brad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)

リップルのCEO。日本も含めて各国のメディアに積極的に露出し、リップルの信頼性を高めるためのトークを繰り返している。
Twitter:https://twitter.com/bgarlinghouse
Linked-in:https://www.linkedin.com/in/bradgarlinghouse/

【C】

Chief Cryptographer(チーフ・クリプトグラファー)

David Schwartzの役職(?)。暗号使用者と訳されるが、これだけでは何をしているのかよくわからない。本人は気に入っていると言っている。

Codius(コーディアス)

オープンソースのスマートプログラム。リップルの技術を使ってスマートコントラクトを作るための開発ツール。JavaScriptなど汎用的な言語を使用可能。

Coil(コイル)

XRPとインターレジャーを使いたい起業家やプロジェクトへ、リップル社が投資を行う仕組み。2018年5月から始動。リーダーはインターレジャーの考案者であるStefan Thomas。

Coinone Transfer(コインワン・トランスファー)

韓国の取引所Coinoneの運営会社で、DAYLI Financial Groupのメンバー。SBIアジアと提携し、xCurrentを使用するためRippleNetへ参加。自社の送金サービスCrossからxCurrentへの接続を行う予定。1日に1億USD近くのトランザクションを持つ。

【D】

Devid Schwartz(デヴィッド・シュウォルツ)

チーフクリプトグラファー(設計/開発者)。リップルの支払いシステム全体を担当。特徴的なヒゲのキャラクターで人気。
Twitter:https://twitter.com/JoelKatz
Linked-in :https://www.linkedin.com/in/david-schwartz-8b767b34/

XRP Dev Portal(XRP Developer Portal)

リップルプロダクト(主にXRPとXRP台帳)のための開発ポータル。エンジニア向けのリファレンスやテスト環境が置かれている。

XRP Dev Portal

 

【I】

InterLedger(インターレジャー)

複数の異なる台帳やネットワークにアクセスする、台帳同士をつなぐための台帳。台帳の上には、取引の金額や情報が記載される。リップル社が開発し、W3Cが管理を行っている。

Inter Ledger Protocol(ILP)(インター・レジャー・プロトコル)

異なる台帳間をつなぐための、データやコードの記載ルール(プロトコル)。インターレジャーが開発に使われる際は、だいたい広義で「ILP」と呼ばれている。

【M】

Moneygram(マネーグラム)

世界第二の送金業社。xRapidのパイロットテストを行う。

MUFJ(エムユーエフジェイ)

三菱UFJグループ

Mojaloop(モジャループ)

ビルゲイツ財団による、金融企業、政府の規制当局など、相互運用と財務の問題に取り組む人向けのオープンソースソフトウェア。発展途上国などの、銀行口座を持たない貧困層に向けた決済プラットフォームの提供に取り組む。リップル社のインターレジャープロトコル(ILP)を使用する。

【P】

Proof of Consensus(プルーフ・オブ・コンセンサス)

XRPの合意形成アルゴリズム。トランザクションの承認を、ノードに参加する一定の信頼できるノードが代表して行う。ビットコインのProof of Workと異なり、少ないプロセスで合意に至るため、トランザクション時間を短縮できる。簡単にいうと、信頼できる代表者だけで取引が正しいかの決議を行うので、送金が速く終わる。

【R】

Ripple(リップル)

サンフランシスコに拠点を置く。ブロックチェーン技術を用いて国際送金を行う次世代基盤を扱う会社。RippleNetの元になるコンセンサスアルゴリズムは2011年ごろから始まった。

RippleNet(リップルネット)

リップル社の管理する国際送金ネットワーク。xCurrentやxRapid、xViaなどが利用する。

RippleLab(リップルラボ)

リップル社のプロダクトや技術に関する開発・研究所。

ReiseBank(レイゼバンク)

ドイツのフランクフルトに拠点を置くDZ Bankの子会社。2016年に、Ripple社の技術でユーロからカナダドルへの国際送金を行う。ドイツの空港や観光地に多くの拠点を持つ。商業用ではなく、旅行者が自国の銀行とのやりとりをするための需要がある。

【S】

Santander U.K.(サンタンデール ユーケー)=サンタンデール銀行

イギリスに拠点を置く、リテール&コマーシャル銀行。スペイン最大の商業銀行グループBanco Santanderの関連銀行。同グループ内では、ユーロ圏に最大規模のマーケットを持つ。モバイルアプリからApplePayを使って、クロスボーダー取引に多額の送金需要がある。xCurrentとRippleNetを使ったモバイルアプリを、2018年春にリリース予定。

Stefan Thomas(ステファン・トーマス)

リップル社のCTO(2018年5月時点)。オープンソース開発者で、分散システムの提唱者。インターレジャーの考案者でもある。2018年よりCoilでマイクロペイメント事業を担当する。
Twitter:https://twitter.com/justmoon
Linked-in:https://www.linkedin.com/in/justmoon/

SBI Ripple Asia(エスビーアイ・リップル・アジア)

Ripple社とSBIホールディングスのジョイントベンチャーの共同設立。アジア地域へ送金サービスの基盤提供を行う。

SBI Remit(エスビーアイ・レミット)

SBIグループの国際送金事業を行う子会社。タイのサイアムコマーシャルバンク(SCB)と共同で、日本とタイ間で、xCurrentによるリアルタイム送金の実証実験を行っている。月に10億円以上もの送金ボリュームを持ち、カスタマーの90%は日本に住む外国人。

【X】

xCurrent(エックスカレント)

リップルの企業向け国際送金ソフトウェアソリューション。エンドツーエンド(1vs1)の支払いを即時に行える。インターレジャープロトコル(ILP)で異なる台帳間をつなぎ、メッセージングのやりとりを行う。XRPを使うものはxRapidと区別する。

Xpring(スプリング)

XRPとXRP台帳を使いたい、実績のある起業家や新規プロジェクトに対して、リップル社が投資を行うこと。育成支援、買収、助成金の提供なども行う。XRPの活用と関連するシステム・アプリの自発的な開発を促進し、XRPの流動性を高める。

xRapid(エックスラピッド)

支払い業者や金融機関向けに、顧客サービスのための安価で流動性を提供する。簡単にいうとxCurrentの国際送金ソリューションを、XRPとXRP台帳を使って実現するものがxRapid。xCurrentと違ってXRP台帳に接続するため、さらに高速、低コストな国際送金が期待できる。

XRP(エックス・アール・ピー)

リップル社の開発した仮想通貨で、XRP台帳上で動く。XRPの活用と流通はリップルネットが目指す最終的なゴールであり、参加者が多くなるほど送金処理が高速、低コストとなる。

XRP Ledger=XRP台帳(エックスアールピーレジャー)

XRPの基盤となる台帳。取引の記録(個人情報や取引金額など)が記載される。xRapidの取引の台帳として接続される。

XRP Ledger Consensus Protocol(XRP・レジャー・コンセンサス・プロトコル)

XRP台帳より前に開発された、合意形成プロトコル(決まりごと)。すべてのノード(端末)の合意を得なくとも、どのノードがネットワークのメンバーであるかを合意できる、遅延の少ないプロトコル。

xVia(エックスヴィア)

xCurrentやxRapidのユーザ操作性を改善するための標準支払いインタフェース(システムやアプリのうち、ユーザの操作に関わる部分)。企業、支払い業者、銀行など全てに向けて作られている。請求書の生成などが可能。

【W】

W3C(World Wide Web Consortium)(ダブリュー・スリー・シー:ワールドワイドウェブコンソーシアム)

インターネットやWeb技術の標準化を行う非営利団体。W3Cのコミュニティでは、インターレジャーの管理も行う。

スポンサーリンク
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で安心できる取引所。

リップルを買える国内取引所

リップルを買うなら国内の取引所が安心です。