リップル(XRP)のモバイル決済アプリってどんなもの?Money Tapを例に紹介

リップル(XRP、RippleNet)は個人向けの送金/決済の手段としても使うことができます。銀行などが開発したモバイル決済アプリを使った決済手段について、住信SBI銀行のMoney Tapを例にご紹介します。

 






フリーランスライター。元大手SIerでSEを7年(金融、製造など企業向けソリューションの提案・設計)、大手メーカーでハードウェア開発(人工衛星)を3年。仮想通貨参入は2018年1月。IT知識を生かしたライトな解説が得意。30代後半/海外旅行/サッカー/F1/1歳児育児中。

応援はこちら(XRP)  rNBnK81H3izME5LZHkHpt8Ltjy6pefQ9Aq

プロフィール仕事実績・依頼

RippleNetは個人の支払いにも対応

こんにちは、仮想通貨ライターのフェニックスA子(@lipton_milk999)です。

仮想通貨XRPと、その母体でもあるRippleNetは個人向けの決済にも対応して居ます。

今回は、RippleNetの個人向けモバイルアプリ(見本)を紹介しつつ、個人がどのようにXRPを使った決済を行うのかをイメージしていきます。

 

RippleNet対応モバイルアプリのデモ(見本)

(出典:https://ripple.com/)

 

こちらの画像は、リップル社の公式サイトの動画で紹介されていてる、RippleNet対応のモバイル決済アプリ(見本)です。

モバイルアプリにログインして宛先を選択するだけで送金が完了する様子が描かれています。

動画は、こちらの後半部分です。

 

国際送金を国内のように手軽に

動画では、RippleNetと提携しているアメリカの銀行にアカウントを持つAliceから、シンガポールに住むBobへ国際送金したい場合のケースが紹介されています。

AliceがBobへ送金するには、通常であれば銀行の提供する、面倒で時間のかかる送金手続きをとらなければなりません。さらに3~5日という時間がかかります。

RippleNetに対応したモバイルアプリを使えば、手元でパパッと入力をするだけで、数秒待てば送金が完了します。

送金先であるBobの個人情報は、暗号化されブロックチェーン技術によって守られています。RippleNetによって、必要以上の個人情報にアクセスすることはありません。

 

好きな通貨で取引でき、為替変動リスクも少ない

(https://ripple.com/files/ripple_vision.pdf)

 

RippleNetでは、好きな通貨同士で取引を行うことができます。たとえばアメリカからUSDで送金し、シンガポールでSGDで受け取るといった感じです。

MEMO
ちなみに、ビットコインなどの仮想通貨でも取引できます。

 

国際送金の場合、異なる通貨間での為替取引が発生します。上の例だと、USドルとシンガポールドルでの為替取引ですね。

 

為替レートの変動リスク

これまでの国際送金では送金から着金に数日もかかっていたため、その間に為替レートが変動してしまうリスクがありました。

RippleNetを使えば送金には数秒しかかからないため、為替レートの変動によるリスクを避けることができるのです。

さらに、RippleNetでは取引にかかるわずかな時間の間でも、システム側でレートが固定されます。取引の後は、取引の履歴は瞬時に台帳に記録されます。

 

進化するモバイルアプリと国際送金

最近ではモバイルバンキングやスマホアプリが次々と開発されており、国内の送金手続きであれば、手軽な操作で行うことができるようになりました。

RippleNetの実現する未来では、国際送金であっても、国内と同じように片手でかんたんに操作できるようになります。

 

RippleNet対応モバイル送金アプリ「Money Tap」

(出典:http://www.sbigroup.co.jp/news/2018/0307_11012.html)

 

RippleNetの公式では見本として紹介されていたモバイル決済アプリ。2018年夏、本物のRippleNet対応モバイル決済アプリ「Money Tap」が登場します。

Money Tapは、住信SBIネット銀行とその他の銀行が共同で開発したアプリです。そのうち、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3行が先行して商用化すると伝えられています。

SBIグループは、その子会社SBIリップルアジアを通してリップルと密に繋がっています。Money Tapは、SBIグループとリップル社が提携したはじめての製品と言えますね。

 

口座番号だけでなく、携帯電話番号でも相手を特定できる

モバイルアプリは、セキュリティとともに手軽さ、使いやすさも大切になります。

MoneyTapでは、相手の宛先アドレスを指定するとき、口座番号だけでなく携帯電話番号も使えます。モバイルらしく、お手軽に使えて便利になりますね。

これまでは、先進的な企業がこのようなスマホ決済に対応してきました。ですが、セキュリティに対する不安や、技術的にセキュリティを保つことの難しさから、金融業界ではなかなかこういった手軽な決済を実現できずにいました。

モバイルによる簡潔な国際送金分野に、複数の銀行が提携して参入するのは、日本国内で初となります。

MEMO
住信SBI、スルガ、りそなの3行の他にも、日本中の約60の銀行が「内外為替一元化コンソーシアム」としてこの試みに参加しています。

 

まとめ

リップル(XRP、RippleNet)を使ったモバイル決済アプリについて、公式サイトの見本と住信SBIグループのMoney Tapを例にご紹介してきました。

従来からRippleNetで言われている「数秒で送金」「手数料数十円」という国際送金を、企業だけでなく個人も使うことができるのは、とても魅力的です。

私たちの生活に根ざしたモバイル機器で、かんたんに国際支払いができることは、生活を大きく変える可能性もあります。

 

RippleNetについては、こちらの記事で紹介しています。

スポンサーリンク
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で安心できる取引所。

リップルを買える国内取引所

リップルを買うなら国内の取引所が安心です。