リップル製品(xCurrent, xRapid, xVia)でXRPはどう働く?互いに繋がるRippleNet

仮想通貨XRPとリップル製品(xCurrent、xRapid、xVia)の関係をわかりやすく解説します。

XRPが直接使われるのはxRapidですが、リップル社の想定する未来では、エコシステム全体を通じてXRPの流動性が増すと考えられています。

 






フリーランスライター。元大手SIerでSEを7年(金融、製造など企業向けソリューションの提案・設計)、大手メーカーでハードウェア開発(人工衛星)を3年。仮想通貨参入は2018年1月。IT知識を生かしたライトな解説が得意。30代後半/海外旅行/サッカー/F1/1歳児育児中。

応援はこちら(XRP)  rNBnK81H3izME5LZHkHpt8Ltjy6pefQ9Aq

プロフィール仕事実績・依頼

リップル製品とXRPの関係はイメージしづらい

こんにちは、フェニックスA子(@lipton_milk999)です。

「仮想通貨XRPと、その背景にあるリップル製品はどう関係があるの?」

「XRPは本当に将来使われる?価格は上がる?」

今回は、XRPへの投資を考える人なら気になるこの2つについて解説していきます。

トレンドなニュースでは、日々リップルとパートナーの提携情報や、仮想通貨技術について触れられています。でも、それがなかなか「仮想通貨XRP」には繋がらないことに、不安を持っている人もいるでしょう。

XRPが実際に使われる姿は想像しづらいのです。

 

XRPは「ブリッジ通貨」であることがわかりにくさの原因

この理解のしづらさは、主にXRPが「ブリッジ通貨」であることと、そしてリップル製品の全てが、XRPを使うわけではないことが原因となっています。

XRPが使われないリップル製品を売って、XRPはどう得するの?というわけです。

XRPが本当に狙いたい市場(マーケット)と社会像を理解するには、3つのリップル製品「xCurrent」「xRapid」そして「xVia」が、社会においてどのような仕組みを作り上げるのかを理解する必要があります。

 

xCurrent:銀行間にあらゆる通貨での相互取引を提供

出典:https://ripple.com/solutions/process-payments/

xCurrentは、主に銀行間メッセージのやりとり台帳管理に使われます。xCurrentでは、仮想通貨と法定通貨の両方を含む異なる通貨のあいだに、スムーズに相互取引できる環境を提供します。

xCurrentはインターレジャーと呼ばれる分散型台帳の上で動作します。これは、XRPが動作するXRP台帳とは厳密には異なるテクノロジーを使っていますが、役割としては似たようなものです。

このインターレジャーは、リップル社で開発していますが、管理は行なっていません。

インターレジャーの管理を行うのは、インターネットの普及に長年携わってきた非営利団体W3Cグループです。

 

より便利に、好きな通貨で送金

xCurrentの目指すゴールは、円やドルなど各国の通貨や仮想通貨も含めた「顧客の好きな通貨」で、相互に運用できるようにすることです。

銀行はxCurrentを利用することで、いくつもの通貨ペアを取り扱うことができるようになります。

例えば送金主はドルで送金し、受け取り主はユーロで受け取ることを希望するような場合でも、コストを抑えて対応できるようになるのです。

 

銀行間のメッセージングを高速、安全に

xCurrentは、銀行間の両替取引の調整を行うための、相互メッセージングプラットフォームも持っています。

銀行間のメッセージングでは、送金者送金金額などの情報を、実際にお金を送る前にお互いに確認するために使われます。

メッセージはリアルタイムに更新されるため、例えば受信者の名前をスペルミスしたような単純なミスによって支払いが遅れることがなくなります。

リップル社のCTO Stefan Thomas氏は次のように語っています。

銀行は顧客の支払いに関するプライバシーを保護しながら、取引相手に信頼できる唯一のソースを提供します。

 

xCurrentとXRPの関係

XRPに関する誇大広告はのいくつかはxCurrentの顧客にも関係しましたが、プロダクト自体は必ずしも暗号通貨に関係するものではありません。

xCurrentではドルやユーロなどの法廷通貨と、ビットコインやイーサリアムといった暗号通貨を同列に扱えるように、XRPもシステム上で取引することができます。

xCurrentについての詳細は、Ripple Lab.のページで動画で説明されています。トークは英語ですが、図解だけでもイメージできますよ。

 

POINT
xCurrentは、主に銀行間のメッセージングと台帳管理を行う。法定通貨と仮想通貨を含む、あらゆる通貨間の取引をスムーズに行うことができ、XRPもその中の一つとして扱われる。

 

xRapid:銀行や送金業社にXRPによる通貨間取引を提供

出典:https://ripple.com/solutions/source-liquidity/

xCurrentでは、XRPを使っても取引できます。

XRPを使ったxCurrentのことを、リップル社は区別してxRapidと読んでいます。xRapidはXRPを介した通貨間取引を銀行支払い業者などに提供します。

2018年に入り、多くの既存/新規の顧客がXRapidを介してXRPを使う実証実験に興味を示しています。

 

お金の流れ(流動性)を高めてスムーズにする

xRapidは、簡単に言うとお金の流れ(=流動性)をスムーズにするソリューションです。

企業はリップル社のxCurrent支払いプロトコルを使い、中継としてXRPと交換することで、資産をスピーディに移動できます。これはつまり、企業が公開マーケットでXRPへの需要を生み出すということです。

企業は自社のお金をすばやく動かしたり、またはカスタマーにより速い送金サービスを提供するため、XRPをストックしたいと思うでしょう。これが、市場のXRPの流動性を高めます。

リップル社の製品では、XRPだけでなく他の仮想通貨もサポートできます。その中でもとわわけ、XRPは性能が高くメリットが大きいと言われています。

Thomas氏は次のように語っています。

(xCurrentでは)他のデジタル資産も技術的には可能だが、XRPであればより早く、安く送金できる。ほんのわずかな手数料で、1トランザクションあたり3秒程度だ。

 

 大手送金業社、銀行もxRapidを利用開始

大手送金業社であるWestern UnionMoneygramは、ビジネスの場でのxRapidのパイロットテストを始めています。また、Cuallixは現実の現金取引でxRapidを使用しはじめました。

リップル社のツイートによると、国際送金トップ5のうち3社も、これに続くかもしれないとのことです。

Thomas氏は、世界の金融機関にとってxRapidは魅力的な存在になると言います。

トークンの価値を決めるのは用途だ。価値を定量的に見極めるには、トークンがどれだけの流動性を持つかによる。だから流動性を増やそうとしていて、流動性が増すほど価値は上がる。それが我々のやろうとしていることだ。

 

最終的にはRippleNetの参加者をxRapidへ誘導

リップル社にとって、xRapidはRippleNetと呼ばれるコンソーシアムの最終段階であり、RippleNetは全ての異なる支払いプロトコルを中心資産であるXRPで繋ぎます。

Thomasは次のようにも語っています。

価値のストアとして、リップル社がXRPを保持するという方針が生み出す成果に対して、非常に大きな投資をしている。我々は、XRPが採択されることでその価値が長期的に上がる可能性があると信じている信者とも言える。

 

POINT
xRapidは、xCurrentのうちXRPを使ったものである。銀行や送金業社にXRPを介した通貨間取引を提供。他の通貨と比べて、XRPを使うことでより速く、安く送金できる。

 

xVia:ユーザがより便利に使える支払いインタフェース

出典:https://ripple.com/solutions/send-payments/

xViaは、xCurrentやxRapidのユーザエクスペリエンスを、より直感的に改善する支払いインタフェースです。

リップル社は、顧客をxViaへ移行することに意欲を持っています。

WhatsAppがオンラインインスタントメッセージの複雑な内部動作を、滑らかなインタフェースで隠すのと同じ方法で、xViaはリップル社のプロダクトを通した支払いの複雑さを隠します。

xViaではXRPをデフォルトでは使用しませんが、オプションとして使用可能です。

支払いの追跡、請求書の生成

xCurrentではユーザは支払いの追跡ができますが、xViaでは同じように請求書を生成することができます。

これはリップル社プロダクトのエコシステムが目指す、最終ステージです。

2つの送金業社(ブラジルのBeetech、カナダのZip Remit)はxViaを使用する計画を発表しました。

彼らはまだ、プロダクト自身が何であるか混乱しているようですが、Redditの担当者は「支払い自体が容易になるもの」と説明しています。

リップル製品すべては互いに重なり合っている上、xViaについてはまだあまり語られていないため、少しわかりにくいところがあるようです。

POINT
xViaは、他の2つのシステム(xCurrent, xRapid)の操作性を改善する支払いインタフェース。ユーザは、より簡単に支払いができるようになる。

 

リップル製品は最終的に「価値のインターネット」として繋がる

3つのリップル製品は、それぞれ少しずつターゲットは異なるものの、「送金を容易に、素早く、そして安く行うためのもの」です。

そしてこれらは、最終的にRippleNetという「一つの大きな支払いプラットフォーム」に集約されます。その中心では、XRPが中心資産として流動することを目指しています。

各銀行や送金業社が導入を検討しているリップル製品は、それぞれ違います。どれだけのパートナーが実際にXRPを使うかどうかも、現段階ではわかりません。

ただ、リップル社が作ろうとしているお金の流れは「価値のインターネット」と呼ばれています。リップル製品は段階的に導入され、一つずつ積み上げていくことで賛同者が増え、XRPの需要と価値は上がると、リップル社は繰り返しアナウンスしています。

 

POINT
リップル製品の導入が実現すれば、XRPの流動性は増し、需要と価値は徐々に上がると考えられている。

 

まとめ

3つのリップル製品、「xCurrent」「xVia」「xRapid」について、それぞれ特徴を見ていきました。最終的にはそれらが繋がりXRPの流動性が増すという計画に繋がります。

  • xCurrentは、主に銀行間のメッセージングと台帳管理を行う。法定通貨と仮想通貨を含む、あらゆる通貨間の取引をスムーズに行うことができ、XRPもその中の一つとして扱われる。
  • xRapidは、xCurrentのうちXRPを使ったものである。銀行や送金業社にXRPを介した通貨間取引を提供。他の通貨と比べて、XRPを使うことでより速く、安く送金できる。
  • xViaは、他の2つのシステム(xCurrent, xRapid)の操作性を改善する支払いインタフェース。ユーザは、より簡単に支払いができるようになる。
  • リップル製品の導入が実現すれば、XRPの流動性は増し、需要と価値は徐々に上がると考えられている。

 

全体的には壮大な計画ですが、リップル製品の1つずつがどのようにパートナーを増やし、導入されていくかを注視する必要があると思います。

XRPの流動性がますと、なぜ価格が上がるのか?リップルの価格の動きについては、こちらの記事で説明しています。

 

参考記事:https://www.coindesk.com/xrp-fits-ripples-payments-products-explained/

スポンサーリンク
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で安心できる取引所。

リップルを買える国内取引所

リップルを買うなら国内の取引所が安心です。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスライター。元大手SIerでSEを7年(金融、製造など企業向けソリューションの提案・設計)、大手メーカーでハードウェア開発(人工衛星)を3年。仮想通貨参入は2018年1月。IT知識を生かしたライトな解説が得意。30代後半/海外旅行/サッカー/F1/1歳児育児中。 応援はこちら(XRP)  rNBnK81H3izME5LZHkHpt8Ltjy6pefQ9Aq プロフィール仕事実績・依頼