リップルネット(Ripplenet)とは?個人&企業にリアルタイム国際送金を提供




リップルネット(RippleNet)とは、リップル社によって開発された企業向けの国際送金ソリューションです。リップル社の製品を核とし、ブロックチェーン技術をベースに開発されています。

銀行や送金業社とその顧客は、リップルネットに参加することで国境を超えた資産のやりとりをリアルタイムに、低コストで、かつ安全に行えるようになります。

この記事では、リップルネットが実現する次世代の社会をご紹介します。

 



フリーランスライター。元大手SIerのSE(7年)、金融を含む様々な業界/企業にソリューションを提案・設計してきた。その後、ハードウェア開発(人工衛星)3年。仮想通貨参入は2018年1月で、IT知識を生かしたライトな解説が得意。企業のICOにも携わる。30代後半、海外旅行、サッカー、F1、1歳児育児中。

プロフィール仕事実績・依頼

リップルネット(RippleNet)はブロックチェーンベースの国際送金ネットワーク

こんにちは、仮想通貨ライターのフェニックスA子(@lipton_milk999)です。

今回はリップルと仮想通貨XRPのベースとも言える、リップルネットについてご紹介します。

リップルネットは、世界中の銀行を送金ネットワークで繋ぎ、すべての顧客に対してリアルタイムなクロスボーダー取引(国際送金)を提供します。

リップルネットに参加することで、銀行やその顧客は、わずか数秒〜数分単位での国際的な送金や支払いができるようになります。

 

リップルネット(Ripplenet)とは何を指すの?

リップルネット自体は、それに参加する企業を送金ネットワークでつなぐことを意味します。

ブロックチェーン技術を使って開発されたリップル製品や、仮想通貨XRPも含めた、広い意味での国際送金ネットワークをリップルネットと呼びます。

リップルネットに参加する銀行や企業は、これまでは時間やコストがかかっていたクロスボーダー取引(国際送金)を、わずか数秒〜数分で、安く、安全に行えるようになります。

国際送金は1日1000億ドルものお金が動く(*1)とされる、世界でも大きな市場を持つ分野です。

リップルネットには100以上の顧客が参加し、75以上の商用展開を行っています。(2018年5月時点、公式サイトより)

 

リップルネット参加企業/銀行(一部)
MUFJ(三菱UFJ)グループ、RBC Royal Bank、Santander、Standard Chartered Bank、Westpac、Credit Agricole、American Express、Moneygram、Axis Bank、SBI Remit、SEB Bank、Bank of Montreal

(*1):SWIFTによる1日の取り扱い金額。日経新聞調べ。(https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP472984_Y8A220C1000000/)

 

リップルネットとリップル製品、仮想通貨XRPの関係

リップルネットの上では、リップル社の製品(xCurrentxRapidxVia)が動いています。

参加する銀行によってどの製品を使っているかの違いはありますが、共通するのは「国際送金」や「支払い」ができるということです。

そして、リップル製品の一部(xRapidや、他の製品のオプション)では、高速送金可能なデジタル資産XRPを使うこともできます。

MEMO
リップルネットでは、必ずXRPを使う必要はありません。XRPを使ったほうが性能が良いというメリットがあります。

 

リップル製品とリップルネット、そして仮想通貨XRPの位置関係については、詳しくはこちらをご覧ください。

 

国際送金にかかる時間を、数日から数秒単位に短縮

これまでの国際送金では、平均で3~5日という長い時間と、最低でも1件につき4000円以上という高い手数料がかかっていました。

これは送金の際に、いくつもの中継銀行を通ることが原因です。銀行ごとにお金をリレーし、台帳に記載して行くので、その分だけ時間と手数料がかかっていたのです。

リップルネットを使えば、送金する銀行と受け取る銀行が直接やりとりできるようになり、間にはさまっていた中継銀行が不要になります。

このため、送金時間はわずか数秒、送金手数料もたったの数十セント(数十円)で、国際送金が行えることになります。

 

銀行や企業だけでなく、個人の送金にも対応

リップルネットの国際送金は、企業向けとして作られています。リップルネットに参加するのは銀行や企業ですが、その利用者である顧客もリップルネットを利用することになります。

個人同士の国際送金や個人の支払いも、モバイル決済アプリなどを使って簡単にすばやく行えるようになるのです。eコマースサイトなどで製品やサービスを購入する際の支払いにも利用できます。

日本に住んでいる人にとっては、国際送金というと、あまりピンとこないかもしれません。

しかし東南アジアの各国に出稼ぎに出ていて、自国の家族に頻繁にお金を送る人たちや、個人で海外とやりとりをする人にとっては、とても画期的なことなのです。

リップル社は個人の需要も踏まえて、銀行では取り扱いの少ないマイナーな通貨ペアにも積極的に対応する姿勢をとっています。

 

まとめ

リップルネットは、リップル社によって開発された企業向け国際送金ソリューションです。わずか数秒でリアルタイムな送金ができ、手数料も安い(数十円レベル)ことが特徴です。

リップルネットは国際送金を行う銀行や送金業者をターゲットにしており、大きな市場が見込める分野です。

また、リップルネットに参加する銀行や送金業社は、その顧客に対しても同様に国際送金サービスを提供することができるようになります。このため、リップルネットは個人向けにも需要があります。

リップルネットではリップル社のプロダクト(xCurrent、xRapid、xVia)が動いており、その一部ではXRPも使われています。

提携先の銀行により、どの製品を使うかはさまざまですが、いずれ国際送金や支払いサービスを提供することに変わりはありません。

 

リップル製品とXRPについての詳細な説明は、こちらの記事で紹介しています。

 

スポンサーリンク
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で安心できる取引所。

リップルを買える国内取引所

リップルを買うなら国内の取引所が安心です。