主婦もついに仮想通貨を買う時代へ?慎重派の私がコインを買った理由




専業主婦だけど仮想通貨を買うことにしました。私はギャンブル的な投資は好まないタイプの主婦ですが、生活に便利なツールは好きなタイプです。

この記事では専業主婦である私(フェニックスA子 @lipton_milk999)が、仮想通貨を買うに至った理由やこれから使われるであろうインターネットのお金について語っています。

仮想通貨について聞いたことはあるけど自分にはまだ関係ないと思っていた、これまでの私のような方に向けて書いています。

(この記事は仮想通貨ライターのフェニックスA子が、専業主婦時代の2018年1月初旬に書いた記事の移行版です。)



フリーランスライター。元大手SIerのSE(7年)、金融を含む様々な業界/企業にソリューションを提案・設計してきた。その後、ハードウェア開発(人工衛星)3年。仮想通貨参入は2018年1月で、IT知識を生かしたライトな解説が得意。企業のICOにも携わる。30代後半、海外旅行、サッカー、F1、1歳児育児中。

プロフィール仕事実績・依頼

専業主婦だけど仮想通貨はじめました

こんにちは、現在は仮想通貨ライターのフェニックスA子(@lipton_milk999)です。

今回は、私が仮想通貨投資をはじめたきっかけを語っています。別ブログからの過去記事の移行ですので、2018年1月当時の記事であることにご注意ください。

この記事はシリーズもので書いています。次回以降はこちらです。

 

仮想通貨とは?2018年は仮想通貨元年

 

「仮想通貨」や「ビットコイン」という言葉を2017年末から2018年にかけて耳にした人も多いのではないでしょうか。

 

仮想通貨は「インターネットで使える世界共通のお金」

このページでは詳しい説明は省きますが、仮想通貨とは簡単にいうと「インターネットで使えるお金」です。世界共通で使うことができ取引所を通じて海外の貨幣(ユーロ、ドル、人民元など)へも交換できます。

仮想通貨というのは総称で、いろいろな銘柄(コインの種類)があります。仮想通貨の中で最もシェアのある「bitcoin(ビットコイン)」は北米、ヨーロッパを中心に約2000万人が利用しているコインです。

この他にもネム、リップル、イーサリアム、モナコインなど総数600を超える銘柄が存在し新しいコインも次々と出てきています。

コインの価値(日本円でいくらになるか)はコインによって異なり、いろいろなコインがシェアを取り合っている状態です。

この点が、単に日本円を両替して買う電子マネーとは異なるところです。

 

2017年から日本でも法律(仮想通貨法)が整いサービスも拡大

仮想通貨は2017年からじわじわと話題になりはじめ、先行投資が好きな方やマネーゲームが好きな方の間では最先端の投資材料として、ある意味ギャンブル感覚でもやりとりされていました。

仮想通貨を売買して利益を得る「ビットコイン長者」も多く出ました。

私自身は「流行ってるけどまだギャンブル要素が強いから見ているだけにしよう」と思っていたものです。

2017年4月に俗に「仮想通貨法」と呼ばれる法律が整えられ、2017年後半からは仮想通貨が使える対象となるサービスの範囲が広がりました。2018年には私のような一般の人間の参入が増え、仮想通貨人口が増えることで価値も上がると予想されています。

2018年は仮想通貨元年というわけです。

 

主婦が仮想通貨を買うことにしたきっかけ

時代はポイント、マイル、そして仮想通貨へ

「インターネットで使えるお金」というと、これまではお店で買い物するごとに配布される「◯◯ポイント」(楽天ポイントやTポイントなど)や、航空会社で使われている「マイル」や「◯◯コイン」(ANAのスカイコインなど)を思い出します。

ポイントやマイルを使えば、ショップは限定されますがお金を払わなくても買い物ができます。せっせと貯めていた人も多いのではないでしょうか。私も貯めてました。

主婦のお小遣い稼ぎの手段として「ポイントサイト」もメジャーになり、最近では貯めたポイントを他のさまざまなポイントに変換するルートも整ってきました。これまではポイントやマイルがある意味「インターネットでも使えるお金」に近い立場を持っていたのです。

 

仮想通貨の使用範囲は世界中

ただ、ポイントやマイルは決まったお店でしか使えないという点がデメリットでした。

これからは利便性の良いものほど使われていく時代です。仮想通貨は世界共通で使えてサービス範囲も拡大していくとなれば、間違いなくこれまでで最も便利な価値を持つ「お金」となります。

ポイントやマイル、そして電子マネーがが特定の店、特定の国でしか使えないことに比べて、仮想通貨は世界中で使えるのです。

既に日本ではビッグカメラやHISなどで、仮想通貨の1つであるビットコインでの決済が可能となっています。

個人的にはポイントやマイルといった主婦のお小遣い稼ぎ手段も、ゆくゆくは新しい存在である「仮想通貨」の配布に置き換わっていくのではと考えています。

 

仮想通貨のギャンブル性が減ってきた(銘柄による)

私にとって仮想通貨に参加するための足枷になっていたのが、「仮想通貨のギャンブル性」でした。

草コインと呼ばれるまだ未知の可能性を持ったコインばかりだったころは、価値が上がるかもしれないし下がってゴミになるかもしれない、「果たして本当に日本社会で使われるのか?」という不安がありました。

ビットコインを筆頭に仮想通貨のサービス範囲は拡がっており、さまざまなメディアや広告を通して社会への露出も増えてきています
露出が増えるにつれ先進的な投資家だけでなく一般人からも参入者が増え、仮想通貨全体のリスク(価値がなくなるリスク)は下がってきていると私は踏んでいます。

もちろん相場の上がり下がりにより買った時より価値が下がる可能性はありますが、長期的に見れば参加者が増え、それに伴って仮想通貨の価値は上がって行くでしょう。

 

私がアリペイに見た仮想通貨の未来

お隣の中国で使われているモバイル決済システム「アリペイ」をご存知でしょうか。

お金をチャージして使う決済システムで、スマホ一つあれば電気、ガス、水道など生活の全ての支払いができ、しかも街の市場で人参一つ買うにも「スマホでチョチョイと操作」すればアリペイで支払いができるのです。

アリペイのおかげで中国ではもう生活する上で現金が要らなくなってきています。NHKの特番などでも取り扱われていたので、見た人もいると思いますが。

ビットコイン支払いは日本でも導入開始

北海道では千歳アウトレットモール・レラがアリペイ決済に対応したことで、格段に売り上げを上げたという実績もあります。

仮想通貨の1つであるビットコインも中国のアリペイと同様の決済システムで導入されつつあります。日本のショップでも中国人観光客だけでなく、ビットコイン圏である北欧観光客を取り入れるためビットコイン決済を導入しているのです。

アリペイに実例のある便利な決済システムとも連携した仮想通貨の利用人口は、これから加速的に増えていくでしょう。

「便利なものは流行るでしょ」というのが私の持論です。

 

仮想通貨は海外旅行と相性が良い

海外旅行に行くたびに気になるのが通貨のレート。安い時期を見計らってちまちま両替したりその手数料を気にしたりしたものです。

仮想通貨は国境を越えて使えるのであれば、海外旅行勢にとってこんなに便利なことはありません。
決済のモバイル化、インターネット化が進むほど仮想通貨の利便性も高まるので、海外旅行好きとしては早くから仮想通貨に慣れておきたいところです。

 

私が買った仮想通貨はリップル

 

参考までに、私が買った仮想通貨はリップル(Ripple)です。

理由は色々とあるのですが、最も大きな理由は低リスクなものを買いたいということでした。
リスクを下げるために、既に現時点である程度シェアのある(コミュニティが確立されている)コインから選びたかったためです。

シェアを取るなら最大手のビットコインも確実といえるでしょう。好みの問題でRippleのほうを選びました。

今後の運用はどうしようかと考えているところです。

 

まとめ

主婦の目線から仮想通貨とインターネットのお金について考えてみました。

便利なものは流行るという理由から、社会での地位が確立しつつある仮想通貨を買うことにしました。

仮想通貨を買った理由には少額からはじめられる長期的な投資という目的もありますが、いずれは自分でもそのサービスを使うだろうと思ったためです。

インターネットのお金で国境を越えられる未来が、日本にももうそこまで来ていると感じています。

今度千歳のアウトレットモール・レラにいくときには、ビットコインを買ってそれで買い物をしてみようかな。

この記事はシリーズもので書いています。次回以降はこちらです。

スポンサーリンク
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で安心できる取引所。

リップルを買える国内取引所

リップルを買うなら国内の取引所が安心です。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスライター。元大手SIerのSE(7年)、金融を含む様々な業界/企業にソリューションを提案・設計してきた。その後、ハードウェア開発(人工衛星)3年。仮想通貨参入は2018年1月で、IT知識を生かしたライトな解説が得意。企業のICOにも携わる。30代後半、海外旅行、サッカー、F1、1歳児育児中。 プロフィール仕事実績・依頼