リップル(XRP)とは?世界のお金の流れに革命を起こす挑戦者

リップルとは主に、国際送金サービスを現在の銀行よりもはるかに速く安く提供する仮想通貨XRPのことを指します。またXRPを開発したRipple(リップル)社のことを指す場合もあります。

XRPを開発したリップル社は、世界中の銀行送金業社にXRPを使ってもらうことで、世界のお金の流れの革命に挑戦しています。

XRPは、日々の決済に使われることを想定したビットコインと違い、「国際的な金融機関」というとても広い層をターゲットとしているところが特徴です。

 






フリーランスライター。元大手SIerでSEを7年(金融、製造など企業向けソリューションの提案・設計)、大手メーカーでハードウェア開発(人工衛星)を3年。仮想通貨参入は2018年1月。IT知識を生かしたライトな解説が得意。30代後半/海外旅行/サッカー/F1/1歳児育児中。

応援はこちら(XRP)  rNBnK81H3izME5LZHkHpt8Ltjy6pefQ9Aq

プロフィール仕事実績・依頼

リップル(XRP)は世界的なお金の流れを革命

こんにちは、仮想通貨ライターのフェニックスA子(@lipton_milk999)です。

リップル(XRP)をこれから勉強したい!という人や、知っているけど改めておさらいしたい、という人に向けて、これからテーマ別に記事を書いていきます。

今回はXRPとは何か?XRPにはどういった将来性があるのか?という話です。実際に導入されているケースについても簡単に紹介しています。

 

リップル(XRP)とは?

仮想通貨XRP(読み方はエックスアールピー)とは、リップル社の作り出した仮想通貨です。通称「リップル」と呼ばれています。

ただ、これではリップル社の社名と混同してしまうので、仮想通貨としてのリップルは「XRP」と書きます。

MEMO
リップル社はXRPを開発し一部保有していますが、XRPはリップル社のものではありません。

 

XRPは、最初から国際的な支払いに使われることを前提に作られたデジタル資産です。このため、XRPはすべてのデジタル資産の中で最も速く大規模に資産を動かすことができます。

 

POINT
XRP(リップル)はリップル社が作った仮想通貨。国際送金を行うことを前提に設計されており、性能が他の仮想通貨と比べて桁違いに良い。

 

リップル(XRP)の将来性は「性能」と「信頼性」が鍵

リップルの将来性は、リアルタイムなグローバルペイメントに対する「性能」と「信頼性」が得られるかにかかっていると言えます。

 

高い「性能」で利便性を確保

(https://ripple.com/xrp/)

(https://ripple.com/xrp/)

仮想通貨XRP(リップル)を使った送金は、今までの銀行サービスと比べて、圧倒的な性能をもって革命を起こします。

上の図を見てください。特に重要な送金速度は、他の仮想通貨と比べて見ると、ビットコインやイーサリアムの分単位に比べて、リップルは秒単位で終わります。

世界のお金が今までに比べて高速に流れることで、ビジネスの流れが変わる可能性があります。

リップル社のCTO(技術最高責任者)が、このあたりを2分程度の動画で語ってくれていますのでご覧ください。(日本語字幕付き)

また、リップルの性能とビジネスの需要についてはこちらにまとめています。

 

銀行と顧客の「信頼」を得られるか

リップル(XRP)がターゲットとする金融業界は、あいにく新しいことに挑戦するのを嫌います。お金の流れは「安全第一」であり、失敗すると世界情勢に影響を与えるからです。

そのような金融業界に、リップル社はブロックチェーンという新しい技術で、真っ向から挑戦しています。

新しいものや実績のないものを嫌う、古参や最大手の金融機関からは、リップル社の挑戦に対して懐疑的な声も上がっています。

しかし同時に、「もし本当にできたら世界的な革命になる」とも言われている、夢のある分野でもあるのです。

 

POINT
リップルの将来性は、国際送金に対する性能と信頼性にかかっている。難易度は高いが、社会的なメリットは非常に大きい。

 

リップル製品を導入する銀行が増加中

古参や大手が二の足を踏む中、いくつかの先進的な金融機関が、実際にリップル製品を使い始めています。

送金業社では大手のMoneygram、そして銀行では世界で初めて、スペインのSantander(サンタンデール)銀行が、リップル製品の実証実験を始めました。

日本の大手メガバンク「三菱UFJグループ」も、リップル製品の実証実験への参加を発表しています。日本国内の他のメガバンクも、ブロックチェーン技術でそれを追随しはじめています。

仮想通貨XRPを使ったはじめての実証実験が、成功したとの結果が出ています。期待通りの性能を出せたようです。

リップル製品を使う銀行の全てが、「仮想通貨XRP」を使うわけではありません。しかし、リップル製品が導入されることに意味があります。

リップル製品とXRPとどう関係があるの?という話は、こちらにまとめてます。

 

POINT
リップル製品を導入する銀行が増えてきており、大手メガバンクも参入している。仮想通貨XRPの実証実験に成功した例も出てきている。

 

まとめ

リップルと仮想通貨XRPについて、基本的な説明と将来性について説明してきました。

  • XRP(リップル)はリップル社が作った仮想通貨。国際送金を行うことを前提に設計されており、性能が他の仮想通貨と比べて桁違いに良い。
  • リップルの将来性は、国際送金に対する性能と信頼性にかかっている。難易度は高いが、社会的なメリットは非常に大きい。
  • リップル製品を導入する銀行が増えてきており、大手メガバンクも参入している。仮想通貨XRPの実証実験に成功した例も出てきている。

 

リップルを支持する人には、国際送金という狙うフィールドの広さに魅力を感じた人や、世界レベルで革命的なサービスが実現する瞬間を目にしたいといった層が多くいます。

 

リップル社が提供するソリューション(課題解決)、リップルネットについてはこちらに記載してます。

 

スポンサーリンク
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で安心できる取引所。

リップルを買える国内取引所

リップルを買うなら国内の取引所が安心です。