赤ちゃんに風呂で股つき浮き輪を使っていたら逆さま転覆して溺れた話。

赤ちゃんをお風呂に入れるとき、浮き輪を使うなら放置してはいけません。一瞬で沈みます。首浮き輪でも、股つき浮き輪でもです。

 






登場人物

プクちゃん。2016年秋生まれのビッグベビー。 よく食べるぷくぷくちゃん。
A子ママ(当時36)。育児スタイルは適当。
パパ(当時33)。プクちゃんに懐かれたい。

 

 

 

赤ちゃんは1秒で沈む(泣かない)

浮き輪を使うときに、目を離してはいけないというのは、理解している方は多いと思います。

それでも、みているから大丈夫・・・という安易な気持ちで、手を離していました。

 

使い方によっては最悪沈むかな?ということはわかっていましたが、こうも一瞬で沈むものだとは・・。

 

 

首浮き輪での事故もたくさん起こっています。

 

夏には海やプールで浮き輪を使う人も多いと思いますので、事故に遭う赤ちゃんや子供が少しでも減ることを祈ります。

 

ワンオペ風呂では助かるアイテムだけど・・・

ワンオペお風呂での浮き輪使用は、確かに便利です。

ただ、こういうことも起こるので、分かった上で使っていきたいなと思います。

私は結局、この転覆事故が起こったあとも使っていますが、横にいて浮き輪を握っているときしか使わないようになりました。

あとは・・・

ベビースイミングに通いたいなと思うようになりましたね。

常日頃から頭からシャワーをかけたりはしていたのですが、言葉が理解できない赤ちゃんでも、水の中では自然と息を止めるということも分かったし、なによりも、風呂や水、浮き輪がトラウマにならなかったことに感心しました。

小さいほどすぐ忘れてしまうし、適応も早いと思います。

スポンサーリンク