大人の手足口病の発疹対策と、口内炎でも食べれる栄養食品を紹介




大人の手足治病にかかったフェニックスA子です。

発病(発熱)から比較的治る(食べ物が食べられる)まで、実に10日かかりました・・・。

その間、発疹と喉中の口内炎で何も食べれずに苦しんだので、どんなものを食べて過ごしたか(栄養をとったか)、かゆみを抑えるための発疹の処置について、私のやったことをご紹介します。

この記事は医学的な見解ではなく、あくまでかかった患者の体験談ですので、その点ご了承ください。



フリーランスライター。元大手SIerのSE(7年)、金融を含む様々な業界/企業にソリューションを提案・設計してきた。その後、ハードウェア開発(人工衛星)3年。仮想通貨参入は2018年1月で、IT知識を生かしたライトな解説が得意。企業のICOにも携わる。30代後半、海外旅行、サッカー、F1、1歳児育児中。

プロフィール仕事実績・依頼

大人の手足口病、発病から3日目まで

発病から3日までの記事は、こちらをご覧ください。
発熱の症状と、飲んでみて効いた解熱剤について記載しています。
(医学的記事ではありません。)

 

大人の手足口病にかかった話(赤ちゃんのが移った)

 

大人の手足口病、発病3日目〜10日目

発疹の症状

発病から3日目には、熱は下がり、手足にブツブツが現れ始めていました。

 

最初は洗剤荒れのようなプツプツだったのが、次第に発疹が赤くなり範囲も広がっていきました。とにかく痒くなってきます。

場所は人それぞれのようですが、私の場合は手の指先、もともと手荒れしていた箇所に集中的に発疹が出ました。

(対策は後述します)

 

もう・・・辛すぎて「かゆ・・うま・・」などと冗談言うしかないレベルです。

 

口内炎の症状

口内炎については、3日目までは喉の違和感、それ以降は明らかな口内炎(白いクレーターになるやつ)の症状に変化していきました。

 

これが5日目くらいの症状で、最終的にはこうなります。

 

 

栄養が取れないことが深刻

喉が痛すぎてものが食べれません。

おかゆはかろうじて食べられるので、レトルトパックのおかゆ(せめて卵いりのやつ)を食べていたのですが、一週間も経つと栄養不足を感じてフラフラしてきました。

 

大人の手足口病でオススメの食べもの(栄養編)

栄養取らないと治りませんよね。

序盤の高熱でビタミン使い果たしてるから、尚更です。
しかも、私の場合は授乳中・・・。(赤ちゃんから移った人の中では、多いんじゃないでしょうか。)

 

介護用食品(メイバランスなど)

栄養バランスを考えると、介護用の流動食や介護ドリンクがオススメです。
私もツイッターで教えてもらったのですが、「メイバランス」という介護食品がよかったです。

 

味がいろいろあって、バナナ、チョコ、いちご、などなど・・・。
こういう類のものは、バナナかチョコなら元の味をごまかしてくれて良いかな?と思って、私はバナナとチョコを買いました。

まあ・・・不味くはないです。美味しくもないですが。

とにかく栄養がとれればよし!です。

 

 

ビタミン剤(錠剤⬅︎ドリンクはしみるから無理)

 

口内炎のときは、通常であればチョコラBBなどのビタミン剤が効きます。

もちろん、手足口病の口内炎にも効くのでしょうが・・・勢いがすごすぎて、すぐに治る気はしませんでしたね。

それでも、体調のためにも、錠剤のビタミン剤を飲みました。

 

ちなみに、リポビタンDのようなものは炭酸で喉にもしみるので、無理でした。
熱があるときは飲めたのに・・。

 

 

コラーゲンドリンク(おすすめ)

 

 

資生堂などが出してる、美容のためのコラーゲンドリンク。

これ多分効きます。

多分というのも、私はこれが冷蔵庫の奥に入っていたことに気づいたのが遅くて・・・
治りかけの8日目か9日目くらいに飲んだら、その日には喉が楽になりました。
元々収束に向かっていた時期ではありましたが、回復は早まると思います。

 

 

発疹の応急処置にやったこと

発疹がとにかくかゆい。寝られないくらいかゆい。

やけどなどの場合、空気に触れることで痛くなるそうなので、発疹も空気に触れてかゆくなるのでは?と思い、とにかく何か巻く処置をしてみました。

 

ガーゼを当ててテープ(刺激性の少ないもの)で巻く

 

薬局で、ガーゼ(カットして使うタイプ)とやわらかテープを買ってきました。
テープは、「肌に優しい低刺激のテープ」みたいな名前のやつ(忘れた・・)がオススメです。

これを、こう使います。

 

私の場合は、肌にアロエクリームを塗って、その上にガーゼを当ててテープで巻きました。

アロエクリームはこういったもの。日焼け後に塗るものとして買いましたけど、塗るとかゆみが少し落ち着きました。

 

 

クリームはアロエじゃなくても、軟膏などをお持ちの方はそれでも良いと思います。

もちろん、医者に処方してもらったものがあればそれで。

 

小さい発疹や指先には「あかぎれ用キズ保護フィルム」

 

こちらは、布製ではなくビニールタイプのフィルムです。

傷を治す効果はなく、水や空気に触れないように皮膚を閉じてくれるものです。

なので、膿んでいて蒸れるような場合には向きません。

乾燥していてかゆいだけの発疹には、かゆみを抑える効果がありました。

 

 

とにかく耐えるしかない

いつ楽になるのだろう・・・いつ食べれるようになるのだろう・・と思い続けて10日。

私の場合は10日かかりました。

正直インフルエンザの方が遥かにマシというレベルです。

 

今回は、私がやってみて効いたかなと思う処置を紹介してみました。

重ねてしつこいようですが、医学的な保証はできませんので、効くかどうかは個人差があると思います・・・。
興味のある方は、試してみてください。

 

スポンサーリンク
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で安心できる取引所。

リップルを買える国内取引所

リップルを買うなら国内の取引所が安心です。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスライター。元大手SIerのSE(7年)、金融を含む様々な業界/企業にソリューションを提案・設計してきた。その後、ハードウェア開発(人工衛星)3年。仮想通貨参入は2018年1月で、IT知識を生かしたライトな解説が得意。企業のICOにも携わる。30代後半、海外旅行、サッカー、F1、1歳児育児中。 プロフィール仕事実績・依頼