【レビュー】ネタバレ・映画「ルパン三世THE FIRST」感想

2019年12月公開の映画、ルパン三世THE FIRSTのネタバレ感想書きます。

見る前の方は、まずネタバレなしのレビューから見ていただけると幸いです。

https://rizalog.com/review/lupinthe3rd_the-first/

 






ルパン三世THE FIRSTネタバレ感想・全体について

二回目を見てきました、ルパン三世 THE FIRST。

二度見ても全く飽きない面白い映画で、残して持って帰るつもりのポップコーンM(ユナイテッド・シネマのバケツ一杯)を全部食べました(笑)

全体の感想や、キャラクターごとの感想を書いていきたいと思います。

ネタバレ配慮せず、具体的に書いていくのでご了承ください。

 

「スルメのようなルパン」

これは「ネタバレなし感想」と同じことを書いてしまうのですが、何度でもスルメのように楽しめるルパン!

これまでのルパンの様式美詰まってます。これはあとでシーン別に好きなところを書いていこうと思います。

 

ルパン一味の登場が定番

いつもの銭形との「待て〜〜〜ルパ〜〜〜〜〜ン!」から始まり、高速道路でのカーチェイス。

そしてバッチリのタイミングで飛び出してくる次元と五右衛門。最初から敵側についている不二子。

悪役が出てきて捕まえられたと思えば脱出し、お宝を盗まれたと思えばすり替えてる。いつものルパンでした。

不二子が飛行機で助けに来るシーンでサンバテンペラードが流れたのは、盛り上がりの一番(か二番目)の山だと思ってます!

その不二子が撃墜されたと思ったら、次は次元と五右衛門が二度目の助っ人に登場。

いつものFIATを五右衛門が運転してる!?という点が、Twitterなどで物議を醸して(笑)ましたが、

五右衛門だってちょっとくらい運転したっていいじゃない・・・

前かがみで一生懸命運転してたので許してやってください。この辺二度に見て気づいたので、やっぱり最低二度は見たい作品でした。

物語の終盤で、インターポールと共に敵地占領してたのがもう一つの盛り上がりシーンでしたね。

もっとゆっくり見たかったけど、尺の関係で回想になってしまったのは少し残念。

大事なところでは、銭形とルパン一味が共闘する流れが好きです。これ、全ての映画にあるわけじゃないないので、あると嬉しい。

呼ばれて飛び出て来る(利用されてる)とっつぁんは、外せない様式美の一つ。

2回目に見たときは、家族連れが多く結構笑いが出てました。さすがとっつぁん。

 

ストーリーについて。小学生向けのギミック

ストーリーの根幹の部分。子供でも見れるちゃちさ(笑)でしたね〜。安心して子供を連れてこれます。

でも機械仕掛けのネジがガッチャンガッチャン動く美術は、ロマン溢れていて良かったなあと思います。

「考古学」がテーマで、ヒロインのレティシアが知識ドヤするのも、子供にもわかりやすくて良かったんじゃないかな〜?と思います。あくまで小学生に向けて、ですが。

大人が見ているとこの辺は子供向け映画って感じがしましたね。でもルパンだからOK←大体これで説明がつく

 

ヒロインについて。現代風で賛否両論ですね

ヒロインのレティシア(広瀬すず)。最近の、芸能人や役者、タレントを声優に起用するといういつものやつです。

大根役者だと酷評も多かったかけれど、こんなもんじゃないでしょうか(笑)

アニメの声優の声作りと、ドラマの俳優の声作りは違います。それに違和感があるだけでしょう。アニメ風ではないですね。

他の相手役(藤原竜也や吉田鋼太郎)も同じなので、場としての違和感は少なめだったところが救いかな。

見た目は小娘だけど可愛く、話を邪魔しない存在感で良かったんじゃないかと思います。それだけ、印象が薄いですけど。

 

悪役について。藤原竜也節が最高

今回の悪役キャラクターは、ゲラルト(藤原竜也)とランベール(吉田鋼太郎)。

ゲラルトの声の藤原竜也。これ、最初気づかなかったんですよね。結構ハマってっていたんじゃないでしょうか?

例の藤原竜也節の叫びがでてきたあたりで、「ん?」となって気づく感じ。

キャラクターのビジュアルを超える、声の濃さでした(笑)(そこがいいと思います。)

あとで、カイジファイナルも見に行こうと決めました。

ランペールについては、尺の不足による説明不足感が否めなかった。後半の寝返りからの、レティシアをかばって死ぬシーンはやっぱりちょっと、強引というか速すぎて見ている方がついていけない。

ちょっと残念だったかなと思います。大人の事情ですね。(これで監督を責めてる人もいますが・・・尺の問題かと)

ゲラルトの行く末は、正直これは助かるパターンと思っていたのでちょっと悲しかったです。冥土の土産だ・・・とルパンが写真を投げたシーンはよかった。

ルパンの「助けられなかった」とやりきれない表情が良かったですね。

 

3DCGについて。表情が素晴らしい

今回の映画は、3Dであることで感想が別れてますが、表情自体はかなり評価が高いと思ってます。キャラクターに合わせて、とても作りこまれている。

ルパンがゲラルトの最後を悲しむシーンなんか、目や口の細かな動きでやりきれない感じが伝わってきます。

他にも、巨大兵器が初めて使われたシーンでは、ルパンの後ろで銭形がゴクリと喉を鳴らしていたり、いろんなところが細かいです。

レティシアなんかはディズニー映画の女の子のリアクションや表情をするなぁ、と思って見てました。ズートピアのウサギに似てる(笑)研究してるんですかね。

あとは、五右衛門が斬鉄剣を渡したくなくてゴネているシーン。引きつった顔がめちゃくちゃ五右衛門らしい(歌舞伎寄り?)な笑い方をしていて。キャラクターの印象を大事にしていて、本当にこだわってるなあと思いました。

二度目を見る方がいたら、ぜひ見てみてください。

 

好きなシーンをいくつか

映画のお気に入りのシーンを紹介。

銭形との高速道路カーチェイスが定番すぎ

最初に掴みにくる、高速道路でのカーチェイス。銭形警部との追いかけっここそがルパン。どんな強大な敵が居ようともこれだけは外せません。

冒頭にきっちりやってくれたのは流石でしたね〜

次元のガンアクション、出ましたありえない精度(笑)

高速道路の看板を落とす演出。これ最近のテレビ番組をチラ見したら、同じことしてましたね?

しかし、看板の止めネジに全段あててネジを弾き飛ばすのは、やっぱりやりすぎで笑うw

次元はこうでなきゃ〜。

カーチェイスで欠かせないのが、五右衛門が車の屋根から飛び出し、追いかける車や警官の服を切るあの演出。

今回は次元の車が前にでてバック走行でしたね。あれビックリしました。いつもああでしたっけ??

贅沢言うなら、「またつまらぬものを切ってしまった・・・」も入れて欲しかった。w

インターポール隊が爆発炎上した後も、走って追いかけようとする銭形警部はいつものやつでした。

 

ギミックを解錠するシーン

ルパンと言えば鍵開け。100個くらい錠のついた扉とか、謎のギミックを解読してくれるシーンはロマンです。

今回は話上、いきなりヒロインが話を聞かず時限爆弾を起動するという強引さがありましたが・・・やっぱり時限爆弾はドキドキします。

ブレッソンダイアリーの金色の歯車も、上手くできていて引き込まれる美術でした。

ストーリーはほんと突っ込んではいけない。暗号がベタベタなとことか(笑)

 

飛空挺とプロペラ機の空中戦

不二子が先に脱出して、後から拾いに来るあのシーンです。

空中ガンアクションはやっぱり素晴らしい。一度目は、次元と五右衛門が排除されていたところも、純粋に楽しめて良かった(笑)あの2人がいると一瞬でキマりますからね・・・(後半やってましたね)

不二子がしくじったと思ったら、FIAT登場の流れ。そのあとはインターポールのジェット機をハイジャックして、大中小いろんな飛行機が出てきて楽しめました。

カップ麺の年代検証ツッコミはあえてスルーで。

 

設定ガバガバの遺跡

子供向け第二段、えらい単純な古代遺跡(笑)

仕方ない!これも仕方ない、1時間半だから!w

軽すぎて心の中で笑いながら見てました。3つ目の試練なんか「身体能力で」

おいおい(笑)ガバガバすぎだろって思いました、が。

まさかのルパンの魅せ方が神がかっていたので、マイナスからプラスへ評価が一転。

ルパンが罠の回廊を抜けるシーンは、ルパン映画としては一番盛り上がったシーンだと思います。

単に駆け抜けるだけではなく、流れ出すルパンのテーマ。スローモーションを駆使した見せ方。

そして後半に置かれていた先代の痕跡であるステッキ。それを掴んで、最後にはシルクハットで決めポーズ。

あれが映画で一番グッときたし、実際その先が消化試合・・・だったことを思えば、予想外の神シーンでした。

斬鉄剣のない五右衛門がただのおっさんと化していたシーンは悲しかった。

 

オマージュだらけのエンディング

いよいよ物語の最後のバトル。裏切りだの殉死だのを超えて、結局は肉弾戦(物理)なのは笑いましたね。ゲラルトそれだけのキャラかい(笑)

哀れなまま吸い込まれていったシーンは、先も語った通りでした・・・南無。

最後のエンディングは、皆さん言ってましたがカリオストロのオマージュらしいです。私はあんまり覚えてないので自然と見れましたが。

いつものルパンに感じたのは、そのせいだったんですね。

1人置いてかれたヒロインは、銭形が回収するのかと思ったら銭形も行っちまったよ。

いろんなとこがザル設定なのは、大人なら気づいちゃうけど、全体は良くまとまってました。

定期的に見たい作品。

 

モンキーパンチ先生へ

ラストのモンキーパンチ先生のテロップは、公開を待たずに亡くなられたことを考えると泣けてきます。今までありがとう。

そしてこれからも後の世代が引き継いだルパンが見たいです。モンキーパンチ先生の残したキャラクターは様式美が、ここまで後の世代にも再現可能な財産であったことに驚くばかりです。

長くなりましたが、全体通して言えるのは「劇場で見れるうちに見たらいいよ」ということなのですが、これを見ている人は多分もう見た人か、あるいは見る気はない人なのかもしれません(笑)

ぜひ一度見に行ってみてください。まだ、あと少しは放映されてると思うので。(スターウォーズに押されてますが)

 

ラストの歌もしみじみとして良かったのでそのうちサントラが欲しいです。

スポンサーリンク